先輩社員の声(製造組立:篠原健治)

自分の仕事について

私が主に担当しているのは、半導体製造工程における「洗浄」に関する装置を組立しています。

メーカーさんから預かった図面をもとに材料取り、様々な工作機械を用いて形にしていき、検品・梱包などいろいろな工程を経て出荷していくのが主な流れです。

 

やりがいを感じる瞬間

メーカーさんから与えられた納期を守るのはもちろんのこと、それ以外に見た目やミリ単位の正確性など求められるすべてをクリアするのは簡単ではないですが、それらを乗り越えられた時の達成感はすごく感じます。

また、自分のかかわった製品が世界中で役に立っていると思うと嬉しくなります。

これから入社してくる後輩に伝えたいこと に

入社して間もない頃は、先輩から教えてもらうことについていくのがやっとできついかもしれません。私もそうでした。

ですが、やがて技術が身につき自分で考えて仕事をこなせるようになると自信がついて一回りも二回りも成長を感じられる仕事です。

そのような経験をぜひご自身で体験していただけたらと思います。