加工技術一覧・素材辞典

加工技術

切削加工

プラスチック素材をNC旋盤、マシニングセンタ、NC旋盤を使用し切削加工を行います。

長尺ものであれば1212mm~2424mmまで対応可能であり、厚さは20mm~30mmまで切削可能です。

また、ブロック型のものは400mm×700mmまで加工が可能です。

曲げ加工

プラスチック素材を電気炉、非接触両面加熱サンドイッチヒーター(放射方式)により板材のV曲げ、R曲げ、パイプ形状曲げ、更にはパイプ材のV曲げ、R曲げ等を行うことが可能です。
板材やパイプ材を加熱して軟化させ、冶具を使用し、正確な曲げ形状に加工します。

溶接加工

溶接はプラスチック板・パイプなどを接合する技術です。ホットジェットガンを使用し、同種のプラスチック素材の溶接棒と母材を溶かし、隙間ができないよう丁寧に接合します。

組立加工

組立加工は加工したプラスチック材・パイプなどを組み合わせ、接着、溶接による仮付け等の方法により、お客様の求める形状に仕上げます。

素材辞典

PE ポリエチレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/03 00:44 UTC 版)

ポリエチレンpolyethylenepolyethene)、略称PEは、エチレン重合した構造を持つ高分子である。最も単純な構造をもつ高分子であり、容器や包装用フィルムをはじめ、様々な用途に利用されている。

PC ポリカーボネート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/28 04:33 UTC 版)

ポリカーボネートpolycarbonate)は、熱可塑性プラスチックの一種。化合物名字訳基準に則った呼称はポリカルボナート。様々な製品の材料として利用されている。モノマー単位同士の接合部は、すべてカーボネート基 (-O-(C=O)-O-) で構成されるため、この名が付けられた。ポリカPCと省略されることもある。また、アクリル樹脂などと共に有機ガラスとも呼ばれる。ドイツバイエル社が開発した。

PET ポリエチレンテフタレート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/28 04:33 UTC 版)

ポリエチレンテレフタラート(英: polyethylene terephthalate)は、ポリエステルの一種である。ポリエチレンテレフタレートとも呼ばれる。
略称は頭字語でPETと綴り、日本語では「ペット」、英語では「ピーイーティー」と読む。ペットボトルの名称はこれに由来する。飲料容器として知られるペットボトルのほか、フィルム・磁気テープの基材、衣料用の繊維など(フリースなど)に用いられる。
熱可塑性の合成繊維の中では、その結晶性から比較的熱に強く、生産量も最も多い。そのため、ペットボトルから繊維へといったリサイクルが比較的普及している樹脂でもある。
近年、ポリエチレンテレフタラートを分解する細菌が見つかった[1]。生分解性がない欠点の解消に繋がる可能性がある。

PEEK ポリエーテルエーテルケトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/4 14:33 UTC 版)

芳香族ポリエーテルケトン(ほうこうぞくポリエーテルケトン)は、ベンゼン環エーテルケトンにより結合した直鎖状ポリマー構造を持つ、結晶性の熱可塑性樹脂に属するポリマーの総称。工業材料としてはポリエーテルエーテルケトン (PEEK) が有名である。

POM ポリアセタール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/21 23:36 UTC 版)

ポリアセタール(polyacetal)またはポリオキシメチレン(polyoxymethylene)とは、オキシメチレン(oxymethylene、−CH2O−)構造を単位構造にもつポリマーであり、略号はPOMである。ホルムアルデヒドのみが重合したホモポリマー(パラホルムアルデヒド、[−CH2O−]n、均質重合体)と、約2モル% のオキシエチレン単位 (oxyethylene, −CH2CH2O−) を含むコポリマー([−CH2O−]n[−CH2CH2O−]m、共重合体)の双方の製品があり、両者ともポリアセタール、またはアセタール樹脂、あるいはポリアセタール樹脂と呼ばれる。

PMMA アクリル樹脂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/20 18:50 UTC 版)

アクリル樹脂(アクリルじゅし、英語 acrylic resin)とは、アクリル酸エステルあるいはメタクリル酸エステルの重合体で、透明性の高い非晶質合成樹脂である。特にポリメタクリル酸メチル樹脂(Polymethyl methacrylate)。略称PMMA)による透明固体材はアクリルガラスとも呼ばれる。擦ると特有の匂いを発することから匂いガラス(においガラス)とも呼ばれた。また、ポリカーボネートなどと共に有機ガラスとも呼ばれる。

PVDF ポリフッ化ビニリデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/06/24 09:46 UTC 版)

ポリフッ化ビニリデン(ポリフッかビニリデン、PolyVinylidene DiFluoride、PVDF)は高耐性、高純度な熱可塑性フッ素重合体のひとつである。

PP ポリプロピレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/16 17:32 UTC 版)

ポリプロピレン (polypropylene) 略称PPは、プロピレン重合させた熱可塑性樹脂である。工業的に入手可能であり、包装材料、繊維文具プラスチック部品、種々の再利用可能な容器実験器具スピーカーコーン、自動車部品、紙幣など幅広い用途をもっている。汎用樹脂の中で比重が最も小さく、水に浮かぶ。強度が高く、吸湿性がなく、耐薬品(アルカリを含む)性に優れている。しかし、染色性が悪く、耐光性が低い為、ファッション性の高い服地の繊維用途には向かない。汎用樹脂の中では最高の耐熱性である。

PVC 塩化ビニル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/24 13:37 UTC 版)

ポリ塩化ビニル(ポリえんかビニル、polyvinyl chloride、PVC)または塩化ビニル樹脂とは一般的な合成樹脂(プラスチック)の1つで、塩化ビニル(クロロエチレン)を重合したものである。塩化ビニール塩ビビニールなどと略されることがある。軟質ポリ塩化ビニルは、ソフトビニール(Soft Vinyl)、ソフビとも呼ばれている。しかし、ポリマーを意味する「ポリ」または「樹脂」を略した呼称は、その原料である単量体の塩化ビニルとの混同を生じるおそれがあるため、単量体の塩化ビニルを特に塩化ビニルモノマーと呼ぶことがある。

PTFE フッ素樹脂(テフロン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/23 02:38 UTC 版)

フッ素樹脂(フッそじゅし、fluorocarbon polymers)とは、フッ素を含むオレフィンを重合して得られる合成樹脂の総称である。耐熱性耐薬品性の高さや摩擦係数の小さいことが特徴である。中でも最も大量に生産されているフッ素樹脂はポリテトラフルオロエチレン〈四フッ化樹脂〉である。